☆ 不倫撲滅ドットコム ☆

中学教師の夫が、よりによって教育委員会の女とW不倫!!ありえない…こんなの許せますか?怒りのサレ妻ブログ

【第40話】家を出たダンナは…。

一方、家を出たダンナは、 どこに行ったのかと思えば、 自宅の駐車場に停めた自分の車の中で 一晩を明かそうとしているようでした。 家の窓からそっとのぞくと、 車の中でスマホのライトが光って 見え隠れしていました。 何のつもり? どこかに行けばいいの…

【第39話】壊れた幸せ

こんなとき、一体誰に相談したら良いのだろう…。 私は途方に暮れました。 母がそばにいたらなあ…。 そう思いましたが、 私の両親は、私が中学生の頃に離婚しており、 母とは疎遠になっていました。 父は典型的な亭主関白タイプで、 私が物心ついた頃から、い…

【第38話】我が家のその後

さてそろそろ、その後の 私たち夫婦の話に戻りましょう。 ダンナを追い出した後、 私はこれからのことを 考えなければいけませんでした。 今、住んでいる家は、 夫婦ふたりの名義で 10年前に土地と建物(新築の注文住宅)で 購入したものでした。 私の父から70…

【第37話】衝撃だった芸能人の不倫

東出&唐田の次に腹立たしいのは、 なんと言っても渡部建でしょう。 多目的トイレで…という気持ち悪さから、 すでに「渡部」の名前を聞くだけで 体が拒絶反応を示し、 じんましんが出そうなほどですが、 とにかく驚きだったのは、 「あんな可愛い嫁がいても、…

【第36話】一番許せない芸能人の不倫

~ 不倫といえばこの男 ~ 芸能人であろうがなかろうが、 ワイドショーやニュースで 不倫関係と思われる男女の話を 見聞きするたびに、 腹立たしい思いが沸き上がりましたが、 断トツで許せないのはやっぱり、 東出昌大&唐田えりかの不倫でしょう。 とにかく…

【第35話】サレ妻の苦しみは何年も

このブログを書きはじめて、 もう何年も経ってしまいました。 つらい記憶を思いだしながら こうして書き記す作業は、 正直、とても苦しく、しんどいです。 書いているうちに、当時の怒りや悲しみが ありありとよみがえってきて、 どうしても、気持ちが不安定…

【第33話】教師の不倫は多いのか

学校の先生というと、それなりに 信頼される職業ですし、 そうでなければいけません。 子どもたちを教え育てる、 身近な大人として。 親の次に、接する時間も長いのです。 だから世間の、教師に対する目は 厳しくて当然です。 中にはわいせつ教師など、 おか…

【第32話】教師同士の不倫殺人事件

2022年6月、 北海道で高校の先生が殺されるという事件があり、 世間を騒がせています。 被害者は40代の女性教諭。 加害者は、元同僚の男性教諭。 私は事件の報道を見てすぐに 不倫だと分かりました。 「生徒思いの優しい先生だった」 「不倫とかする人じゃ…

【第31話】不倫夫を追い出す

妻を裏切り、子どもたちを裏切り、 さんざん嘘をついて自分だけ楽しんで 家族を傷つけておきながら 今さら泣いて謝る夫の姿は なんというか、とても 滑稽(こっけい)でした。 「 ・・・出ていって。 荷物まとめて、早く。」 私がそう言うと、クズ夫は 首を…

【第30話】帰宅後、不倫夫の謝罪

家に帰ると、もう何をする 気力もありませんでしたが、 とりあえず洗濯物を取り込んで 子どもたちに簡単なものを食べさせました。 しばらくすると クズ夫が帰ってきました。 どうぜゴリエからメールが 届いて状況を知り、 ゴリエのご主人からも 職場に電話が…

【第29話】私の12年を返せ

ゴリエのご主人は、その後いったん 職場に戻るようでした。 学級通信を書かないと、と言っていました。 熱心な良い先生なんだろうな、 と思いました。 この仕事は本当に多忙です。 頑張ろうと思えばどれだけでも 工夫の余地もあり、仕事も増えます。 私もダ…

【第28話】子どもたちのこと

「ぼくは、奥さんのご両親に 恩義があるので 別れないつもりです。」 「・・・。」 私は以前より、クズ夫から 「ゴリエとダンナさんが うまく行っていなくて 愚痴を聞いてあげた」 などという話を何度か聞いていたため、 この日、会うまでは どんな冷たいご…

【第27話】慰謝料の額は・・・。

またしばらく沈黙が続いたあと、 ご主人が口を開きました。 「 さきほど、慰謝料を 請求すると言っておられましたが…。」 「 はい。そのつもりです。 300万。 大丈夫ですか。」 「 いや、うちは夫婦のお金は別々なので 僕はかまわないんですが・・・。」 …

【第26話】まさか…?さかのぼること5年前

こうしてご主人と話しているうちに、 ふと、私はあることを思い出しました。 もう忘れかけていたけど、 5年ほど前、 うちのクズ夫とゴリエが 同じ中学校に勤務していた時のことです。 忘年会だったか何かの飲み会の後、 夫が朝帰りをしてきたことがありまし…

【第25話】不倫関係はいつから?

「 いつからなんでしょうね。」 「 わかりません。 でも、ウチのダンナの話では、 ✕✕さんが教育委員会に異動になって、 すごくストレスをためていて、 話を聞いてあげていた、と。」 「 ・・・はぁ~。」 ご主人はため息をつきました。 「 ぼくから見ると、 …

【第24話】知らない方が、良かった?

私の率直な印象としては “くまさん”のような雰囲気の 男性でした。 正直、”いい人そう”な感じでした。 まだショックで頭が回らないのでしょう、 ぼんやりと手元を見つめるその表情は 痛々しくもありました。 私はほんの少し、 自分のしていることに 罪悪感を…

【第23話】泥棒女のご主人と待ち合わせ

待ち合わせの場所は市内の喫茶店でした。 夕方6時でしたが、 冬だったので日も暮れて、 店はさほど混んでいない様子でした。 駐車場に車を止めて、 車内でその人を待ちました。 待ち合わせの時間より少し早く、 1台の車が入って来ました。 たぶんこの人だ…

【第22話】やるべきことはまだまだある

とりあえず、大きな仕事をひとつ 片づけた私でしたが、 これで終わったわけではありません。 こんなことですむと思うなよ、 泥棒あばずれゴリラ女! 私は、車に乗り込むとすぐさま ゴリエのご主人の職場に電話をかけました。 ゴリエのご主人も中学教師で、 …

【第21話】頑張ったよ・・・私・・・!

立ち上がった私は、 机の上にあるラブラブメールの 大量コピーの束を指さし 「要ります?」と聞きました。 ゴリエが 「いえ・・・。いいです」と 首をかすかに横に振ったので 持って帰ることにしました。 「行こう。」 子どもたちを連れて、部屋を出ました。…

【第20話】慰謝料請求へ!!

「 すみません・・・、 私、つい・・・いつも 〇〇さんを 頼ってしまって・・・。」 ゴリエは肩を落とし、小声で そう言い訳をはじめました。 でも、仕事で頼ることと 男女の関係になることは 別ですよね? 私はカバンからファイルを取り出し、 事前に作成し…

【第19話】子どもに言えないようなこと、してるんでしょうが!

「 会いたい、って何ですか? 仕事中もこんなにメールして しかもかなりひんぱんに 会ってますよね? 平日も土日も! のんびり映画鑑賞って、一体 どこでそんなことしてるんですか? ラブホテルとか行ってるんですか? 時間作ってくれてうれしいのですが ア…

【第18話】しらばっくれる不倫女

「 すみません、 こんな部屋でいいですか? 散らかってますけど・・・ どうぞ・・・ 」 そう言って、ゴリエは 長机にパイプ椅子の 会議室だか物置だかわからない部屋に 私たちを通しました。 「 子どもたちです。 大きくなったでしょう?」 「 え、ええ。 本…

【第17話】主人がいつもお世話になってます!!

グレーのパンツスーツに身を包んだ 黒髪ロングヘアのゴリエは、 私たちの姿を見ると、 少し顔色を変えました。 私たちとその女が会うのは 我が家で開いたBBQパーティ以来。 5年ぶりぐらいだったと思います。 以前にも書きましたが、 家を新築したばかりの頃…

【第16話】不倫女との対決

市街地にある役所のビルに着くと、 私は煮えたぎる心をおさえて、 できるだけゆっくり、堂々と、歩きました。 子どもたちの手を引いて エレベーターに乗り、 教育委員会のあるフロアに上がると、 いくつかの部屋に、 それぞれの部署が入っており、 真面目そ…

【第15話】不倫女の職場に乗り込む

さて、証拠の写真はどうするか。 膨大な数のラブラブメール。 肉体関係もはっきりとわかるやりとり。 すべての写真を私はさらに 3枚ずつカラーコピーしました。 そして、月曜日、 その紙を持って ゴリラ女の職場に 乗り込むことにしました。 ゴリエの職場、…

【第14話】離婚?慰謝料?

こうして、 クズ夫とゴリエの大量ラブラブメールから、 二人がただならぬ関係であることは 確定したわけですが、 私は、ふわふわする頭で、 今後のことを考えなければ なりませんでした。 心の中も頭の中もぐちゃぐちゃでした。 水の中にいるみたいに苦しく…

【第13話】年休とって不倫デート!?

ラブラブメールのやりとりは とにかく ムカつく会話ばかりでしたが 特に目を疑ったのは 「 3月平日 休んじゃう?」 という言葉。 家族のために休むことなんてないのに あんなブス女と会うために 休みとるんだ・・・。 とてもショックでした。 「 3月、平日…

【第12話】不倫教師カップルのラブラブメール後編

クズ夫とゴリラ女(以下ゴリエ)の ラブラブメールはほぼ毎日。 「会いたくなっちゃいますね。 早くのんびりできるといいな。」 … 「明日は部活。 最近✕✕さんに会いたくてたまらない。」 「私はいつでも会いたいですよ。 一緒にのんびりできる日、早く来~い…

【第11話】不倫教師カップルのラブラブメール前編

私は改めて、クズ夫とゴリラ女(以下、ゴリエ) が送りあっていたメールを読み返しました。 「いつ会える?」 「今日会いますか?」 「明日にする?」 「土曜日は難しそうですか?」 「明日も会って、 明後日も会ってくれるの?」 「土曜日も会うつもりです…

【第10話】証拠を消される前に

ダンナのスマホのラブラブメールを 見つけた私が その後どうしたかをお話しします。 他にも方法があったのかもしれませんが、 その時の私は、 とにかくこの証拠を なんとか残さなければと、 自分のカメラで ダンナのスマホ画面を撮影し続けました。 全部。 …