☆ 不倫撲滅ドットコム ☆

中学教師の夫と教育委員会の女がダブル不倫!!ありえない…こんなの許せますか?怒りのサレ妻ブログ

泥棒女のご主人と待ち合わせ

待ち合わせの場所は市内の喫茶店でした。

 

夕方6時でしたが、

冬だったので日も暮れて、

店はさほど混んでいない様子でした。

 

駐車場に車を止めて、車内でその人を待ちました。

 

待ち合わせの時間より少し早く、

1台の車が入って来ました。

たぶんこの人だろうか、と車を降りると、

その人も車を降りて

ゆっくりと近づいてきました。

 

「〇〇さんですか。」

 

「はい。お忙しいところ

 本当にすみません。」

 

「いえ。

 そんなことはいいんです。

 入りましょう。」

 

手短にあいさつをすませると、

私たちは店内に入りました。

 

私とその人は向かい合わせに座り、

子どもたちは通路をはさんだ隣の席に

座らせました。

 

「 何、飲まれますか。

  お子さんにも・・・。」

 

メニューを渡され、

私はコーヒーを、

子どもたちにはオレンジジュースを

注文しました。

 

「 早速ですが、

  その…

  本当なんですか?」

 

「 はい。二人のメールのやりとりを

  見つけてしまいました。

  二人で頻繁に会っています。」

 

私はメールのコピーの束を

バッグから取り出し、

机の上に差し出しました。

 

ご主人は静かにそれを眺め、

ページをめくり、

次第に肩で息をしながら、

最後に大きなため息をつきました。

 

「 …ああ、

  完全に…ですね…。」

 

「ですよね!これとか。

 これも。これも。

 (体の関係が)わかりますよね?

 完全に!クロですよね!」

 

私は興奮してまくしたてましたが、

ご主人はそれ以上、

メールを見ようとしませんでした。

 

・・・。

 

「ぼくは、今、怒りというより、

 悲しみしかないですね。

 ただただ、悲しいです…。」

 

しばらくの間、

沈黙が流れました。

 

 

全国630店舗以上!リラクゼーション店【りらくる】