☆ 不倫撲滅ドットコム ☆

中学教師の夫と教育委員会の女がダブル不倫!!ありえない…こんなの許せますか?怒りのサレ妻ブログ

知らない方が、良かった?

ゴリエのご主人は、

私の率直な印象としては

“くまさん”のような雰囲気の

男性でした。

正直、”いい人そう”な感じでした。

 

まだショックで頭が回らないのでしょう、

ぼんやりと手元を見つめるその表情は

痛々しくもありました。

私はほんの少し、

自分のしていることに

罪悪感を感じながらも、

話をつづけました。

 

「 結婚、何年目ですか?」

「 ・・・7年目です。」

「 そうですか。」

「 そちらは?」

「 うちは、

       12年目になりますかね…。」

 

「 これまで、こういうの

  ありましたか?」

「 いえ・・・。」

 

そう言って、少し考えました。

 

ウチのクズ夫は女好きではある。

これまでも、私の妊娠中に

教育実習生とゴハン

食べにいったり、

子どもがまだ生まれたばかりなのに

飲み会に行き、女に送ってもらって

帰ってきたりして私を激怒させたり…

そんなことは確かにありました。

でも、さすがに

それ以上深入りすることは

ありませんでした。

 

というか、今どき

既婚男性とわざわざ関係を持つ

バカ女など、

そうそういないでしょう。

 

賢い女は、そんなことしない。

良識もあり、美しい女は

そんなことをしているヒマなどない。

こんな火遊びに夢中になるのは

恋愛経験の乏しい

顔も心もブスな女だけなのだ…。

 

「 僕は、知らないほうが

  良かったのかもしれません…。」

ゴリエのご主人は、そうつぶやきました。

 

知らない方が、良かった?

そんなこと、あるでしょうか?

 

私は力強く、

真っ向から否定しました。

 

「 そうでしょうか?

  パートナーの裏切りを

  知らないままで

  本当に幸せですか? 

  ずっとだまされたままなんですよ?

  絶対、知った方がいいに

  決まってるじゃないですか。

  そりゃ傷つきますけど、

  私は知って良かったです!

  絶対に!!」

 

私の勢いに、ご主人も

 

「 そうですか・・・。

  そうですよね。」

 

とだけ答えました。

 

 

誰にも言えない話だからこそ本当に安心して頼める所へ