☆ 不倫撲滅ドットコム ☆

中学教師の夫が、よりによって教育委員会の女とW不倫!!ありえない…こんなの許せますか?怒りのサレ妻ブログ

【第54話】教師のブラックな働き方+不倫

ここまで読まれた皆さんは、

なぜ私が夫の不倫に

五年間も気づかずにいたのか、

不思議に思われるかもしれません。

 

自分でも、本当に

バカだったな、と思っています。

 

もっと早く、気づいていれば、

ダメージも最小に

おさえられたかもしれないのに。

 

今思えば、あれもこれもと

怪しい点はあるのですが、

ご存知のとおり、中学校教員は多忙で、

帰りの時間はとても不規則です。

その働き方は完全にブラック。

 

最近は世間で騒がれてから、

ずいぶんマシになり、

土日のどちらかは部活を休みに

するのが普通になりましたが、

数年前までは、大会で勝つために

とにかく毎日遅くまで練習したり、

わざわざ遠征試合に出かけるのが

偉いんだ、という感じで、

クズ夫もそれを自慢げに、得意げに

語っていました。

 

部活に打ち込んだり、

強いチームを作ることが、

熱心な良い教師で、できる教師

であるかのように、本人も、周囲も

勘違いしていたのでしょう。

 

さらに、世間でも話題になっているように、

教師には残業代がつきません。

「給特法」という古いルールのせいで、

一律4%の手当ての代わりに残業代はゼロ。

教師は定額働かせ放題と言われています。

 

私が昔、民間企業に三年勤めた時は

給与明細に、その月の残業時間や

休日出勤の日数がきちんと書かれていて、

その分の金額ももちろん明記され、

通常の勤務時間よりも高い時給で

給料が支払われていましたが、

教員にはそれがありません。

 

月に何時間残業したかも、

休日出勤をどれだけしたかも

妻には全くわからず、

仕事と言われれば、そうですかと

信じざるを得ない状態でした。

 

テストの作成や採点、行事の準備、

生徒指導や保護者の来校、

部活など、理由はさまざまでしたが、

帰りは9時をまわるのが普通。

土日もいないのが当たり前に

なっていました。

 

夫はサッカー部の顧問だったため、

子どもたちがまだ小さい頃も、

「朝練」だと言って、一人だけ

さっさと職場に向かい、

保育園の送り迎えなど

したことがありませんでした。

 

お子さんを保育園に預けたことのある方は

経験されていることでしょうが、

未就学児ふたりに朝のしたくをさせ、

毎日保育園に連れて行くのは

けっこうな重労働です。

 

月曜日などは、二人分のお昼寝布団を

肩にかけ、子ども1人をだっこし、

もう1人の手をつないで、

雨の日など、それはもう地獄でした。

 

子どもたちが幼い時期も、クズ夫は

それぞれの学期が終わるたびに飲み会、

体育祭や文化祭などの

行事が終われば打ち上げ、

学年の先生たちとの飲み会、

忘年会、送別会、

サッカーの先生たちの打ち合わせ

という名の飲み会、などなど

ひんぱんに飲みに出かけました。

 

それでも、同業の私は、

夫の仕事を理解しているからこそ、

自分が我慢すればいいのだと言い聞かせ、

必死で耐えてきました。

 

でも、結果的には、

私が1人で頑張りすぎたことで、

クズ夫は

「奥さん一人で大丈夫」

「奥さんにまかせておけばいい」

と思ってしまったのかもしれません。

 

クズ夫にとっては、

言い訳しやすい便利な仕事、

一人で全部引き受けてくれる妻、と

まさに不倫しやすい環境だったと

言えるでしょう。

 

結果的に、

クズ夫は、

厳しい言い方をすれば、

父親として成長しないまま、

自分のやりたいことをし続けて

暮らしてきたのでした。

 

今となっては、

もっと、育児を手伝ってって、

言えばよかった。

もっと頼ればよかったと

後悔しています。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

不倫撲滅ドットコム 美咲