☆ 不倫撲滅ドットコム ☆

中学教師の夫が、よりによって教育委員会の女とW不倫!!ありえない…こんなの許せますか?怒りのサレ妻ブログ

【第61話】もう仕事は続けられない

うつらうつらして、朝になると、

ボーっとした頭で、

どうしてこんなにしんどいのだろう、

今日は何曜日だっけ、などと

しばらく考えます。

 

ああ、そうだ、私はサレ妻なんだった、

そんなふうに、どんよりとした気持ちで

体を起こします。

 

その頃の私は毎日、寝たか寝ていないか

わからないような状態でした。

 

夜中じゅう、いろいろな

想像が頭の中をかけめぐり、

悔しくて、腹が立って、

ずっと歯を食いしばって、

拳を握りしめて、

寝ながら戦っているようでした。

 

ふらふらと起きて

朝の準備をするのですが、

お湯を沸かしながらも、

洗濯物を干しながらも、

胸の中は怒りや悲しみ、

そして大きな憎しみが渦巻き、

常にクズ夫とゴリエのことで

頭がいっぱいでした。

 

考えたくないのに、

考えてしまう、

考え続けてしまう。

疲労困憊して、朝を迎える。

そんな繰り返し。

 

それでも子どもたちを学校に送り出して、

自分も休まず出勤しました。

 

体はもうフラフラでしたが、

気力だけで動いていたのでしょう。

 

勤務する小学校に着き、

児童たちの前に立てば

なんとか授業はできました。

 

しかし、この非常事態に

明るく元気なフリをするのは

想像以上にしんどいことでした。

 

毎日、夫や不倫相手や、

教育委員会とバトルをし、

怒りと憎しみを抱えながら、

何事もないように授業をし、

職員室で談笑する自分が、

ちょっと怖くも感じました。

これ以上、こんな生活は

続けられないと思いました。

 

私はもうダメかもしれない、

壊れてしまうかもしれない、

何か やらかすかもしれない、

そんな不安もありました。

 

もう、この仕事を

辞めようか…。

 

私は、管理職に相談することを

決心しました。

 

校長先生は、体育会系出身で人望も厚く、

この街では知られた先生でした。

信頼はしていましたが、

私事で相談するのは

ちょっと気がひけました。

 

まずは教頭先生に話してみよう。

そう思いました。

 

教頭先生は女性で、

たぶん年齢は50歳前後、

童顔で、若く見えましたが

可愛らしい雰囲気の中にも

厳しさのある人でした。

 

休み時間に、

「私事でご報告とご相談を

させていただきたいのですが」

と伝えると、

「じゃあ五時間目、会議室で」と

快く引き受けてくれました。

 

時間になると、

「じゃ、行きましょうか」

と、明るく声をかけてくださり、

2人並んで廊下を歩きました。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

不倫撲滅ドットコム 美咲

不倫撲滅ドットコム - にほんブログ村